CLOSE

ご無沙汰しております…。

自分にとってなかなかハードな時間を過ごしておりました。

 

ビームスにとって大事な人物を亡くしました。

あまりに何も言わず、こんなときに突然静かに居なくなり、とにかくショックでなかなか前を向けずに1ヶ月が経ちました…。

このような思い出をこちらで語るのは…と思ったのですが、ビームスの歴史のかなりのページ数を書き上げた皆に愛されたレジェンドを。ビームスバイヤー陣がモノ、ヒトを大切にしながらバイイングをするやり方を自らの背中で伝えてきた人を知って頂きたく、ブログを書かせて頂きます。

そして自分も改めて真っ直ぐに洋服へ向き合う為にもと。

 

舘野史典。

歴代のビームスバイヤーの中でも極めて職人肌で、内なる熱い魂を商品に注入し続けた名バイヤー。

ワークシャツに5ポケットジーンズ、ラッセルモカシンのオックスフォードにインディアンジュエリー。いつもコーディネートはこのスタイル。毎日(笑)。

2週間の長期の出張にも嘘でしょ?と疑うくらいのバックパックひとつで全て完結してしまう。初めは???でしたが、今思うのは、とにかく自分のコーディネートなんか二の次三の次で、好奇心の全てであるバイイングのことだけを考えていたからでは、だったのだなあ、と。

Nepenthes、Porter、Post O’alls、Wild things、Loopwheeler、BonzaiPaint、Langlitzs Leathers、自分にとってはKeltyのクラシックライン復活、そして何よりL.L.beanとの初コラボレーションをカタチにしてくれた立役者。

言葉数は極めて少なく、入社して数年は勇気を出して話しかけないと話をしてくれない。でも服の話をしたらボソボソだったけど全て包み隠さず少年のように話をしてくれる。

とにかく掘り下げることを追求するバイイングスタイル。突き詰めた結果、「このブランドならコレが名作だ。何故なら今も〇〇の自社工場で職人が一つ一つ手裁断でパーツを切り取り、目分でステッチングを感覚で仕上げていく。今、アメリカでこの作業をできるのばこことあそこだけだ。」と静かにアドバイスくれる。というアメカジ好きには堪らない話を30年以上現場でリアルに見て、感じてきて、バイイングしてきた人。

L.L.BEANに関しては、舘野が恐らく30年以上ずっとコラボへの道を模索しながら最後まで諦めず、とにかく砂漠の中で針を探す作業をし続けたからこそ一筋の光が刺し、奇跡の取り組みができたのです。

何よりもビームススタッフが最大のリスペクトをする点が、モノへの愛、ヒトへの愛。

自分が関わってきたモノ、ヒトに尋常ではないほどの愛情を注ぎ、我が子のようにいつも身につけていました。舘野が選ぶモノはとても少なく、見た目は主張の少ないアイテムが多かったですが、その一つ一つがとてもリアルなアメリカを感じさせるものばかり。

過去数々初めてのコラボレーションのお願いに舘野を介してお願いに行かせて頂きました。Needlesの清水さん、EGの鈴木大器さん、POSTの大淵さん、挙げたらキリがないですが、その皆様全員がお願い後に言っていただける言葉、

「舘野のお願いじゃ、断れないなあ。」

バイヤーにとってこれ以上はないくらい嬉しい言葉。

それば今まで舘野が寡黙ながらも関係する全ての人、商品に愛情を持って向き合ってきたからこそ。

悔しいけど、このなんとも言えない、皆を笑顔にさせながら喜んで受けてくれる人間関係は作り上げられない。。。

 

時代は変わり、そういった人間関係をなかなか構築できない世の中。

“モノとヒトに真っ直ぐに向き合い、最大のリスペクトを忘れない。”

20年ビームスで働き、色々なコトが曖昧になってしまった自分に”喝”を入れられた、一切怒らなかった舘野に「もっとヒトとモノと時間を大切にしろ!」と真顔で言われたような、そんな時間を約1か月過ごさせて頂きました。

“忙しい”を言い訳にしていた自分が情けない…。

ただ、ビームスのバイヤー陣には熱くプレゼンするところや、好き過ぎて個人プレーなバイイングしちゃうところとか舘野のバイイングスタイルだなあ、と感じる場面をたまに目にします。しっかり血は通っていますよ!

 

※10年くらい前、小物の魅力にハマり始めたタイミングでいきなり無言でプレゼントしてくれたTiffany。当時舘野っぽくないと思ってましたが、やっぱりアメリカ。こんな愛らしく、トンチが効いたアイテムが好きだったところが僕は大好きでした。

 

 

 

課長、

お疲れ様でした!

そしてRest In Paradise.

今頃は天国でジェリーガルシアさんの生声聴いてるんだろうなあ。

※ボストンでL.L.bean別注プレゼン後、やり遂げたときの写真

 

 

ここからエンジン掛け直し、日々全力で人生を愉しみたいと思います!

 

引き続き宜しくお願い致します!

 

※文章支離滅裂、思い出すがままに記載してしまいました…。想い強めの駄文に最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

ナカダ

 

 

 

 

UPDATE BLOG

ブログトップもっと見る