CLOSE
BLOG - テガキ($HOW5 (#テガキ))

※更新追記 NB990v6が 初お目見え!

(全てはあくまで私個人の考察、意見です)

自分は  16年前に初めて 991を買ってから、

当時の感覚では あまりのダサさに、彼女に履くなと言われるくらいの 

最も思い入れがあるシューズとなり

毎回グレーを買い集めてコンプリートして来ました。

 

そのうちに、だんだんと時代は

既にカッコイイものを着るのが良い時代から、

世間的に ダサいモノでも カッコよく変えれる人が

もっとカッコイイ というような 時代感覚となり、

今では

初めて見た人も 普通にカッコイイと言い出すまでの変化を

16年間で 目の当たりにして来ました。

 

 

 

そして今回から

ファン的には大注目の

クリエイティブディレクターに https://www.aimeleondore.com/ の

Teddy氏の監修の元で

インハウスのデザイナーによって開発された990v6が初お目見え。

 

(Teddy氏の aimeleondore 最近では これもかなり 話題になりましたね「Clarks(クラークス)」は、ファッションブランド「Aimé Leon Dore(エメ レオン ドレ)」とコラボレーションし、NYクイーンズ出身のラッパーNas(ナズ)をビジュアルキャンペーンに起用した新作アイテムを発売する。https://highsnobiety.jp/p/nas-clarks-aime-leon-dore/) 

 

 

そして肝心のシューズ。

写真を見ただけでも 流石のクオリティー。

まず、TIPつま先 のシェイプ から カカトのTOPラインのシェイプが

見違えるほど綺麗です。

 

細かいデザインとしても、Nマークの下をくぐるカタチで

一番濃いグレーのアンダーレイのパーツが

つま先からカカトまで綺麗にラインとして繋がったのは、

今回初めてじゃないかなぁ。

ところどころ反射材になってるように見えます。

 

さすがです。

990シリーズいや、ニューバランスの デザインとカラーリングにおいて

他と全く違う 独特の特徴がこの

“グレーの濃淡によるレイヤードの美学” なんです。

 

また 今回の NB のロゴの入れ方も327的な大きめのタイプ。

この感じ よく見ると 今までに無くていいなぁ。

 

清涼飲料水のパッケージなんかも そうですが、

興味ない人には 殆ど同じデザイン(笑)に見えながら、

実は数年で 変わっていて 少しづつ進化していくデザインワーク。

 

(NIKKEI DESIGN とかを見ると こういう歴代比較がよく出て来ます。)

 

 

 

 

 

 

 

それって 固定客が多く付いているからであって、

売れてないから ガラッと変えてください!みたいな

デザインワークより難しい場合が多いんです。

990シリーズのデザインワークの難しさって そこにあると思います。

 

いや〜

今回は 基本的な シェイプ が綺麗になって

繊細さが加わったようで 嬉しいなぁ

肝心の フィッティングも気になるし、

早く履いて走ってみたいですね!

待ち遠しい・・・。

 

 

 

 

16年前に初めて 991を買ってからシリーズが全て揃うまでの記事。

https:// blog-show5.hatenablog.com/entry/2017/10/11/194453?fbclid=IwAR0ZGQ0a_B09OU7s9mMLBigFdMlaeYcjr_NSuDAN5TQYYNDw2vo0f8u03pg

 

 

 

⬆️(NETFLIXの”DOPE”という番組のシーズン1の2回目にDC /ボルチモアのディーラーが出てきます。逮捕されている人が990を履いていました。)

 

990をラッパーが履くバックボーン、

DC/ ボルチモアの プッシャー ドラッグ ディーラーのクラシックだった事を

日本で初めてリークした記事はこちらです。

  https://  blog-show5.hatenablog.com/entry/2017/02/15/144417?fbclid=IwAR3m6XlrIcwU4aaxV9PZHZh1MNxcX3tzl0Xul-BrC32BR5wp50rm5MlEYnU

 

ここから急激にプレッピー系ではないストリートカルチャー寄りの

並行輸入セレクトショップの方々が

993を買い付けて 店頭にグッと並び始めました。

 

 

少し補足すると、

”TRAP”という音楽自体がドラッグディール話をラップする

ところから来ていて、これは NYではなくアメリカの南部”サウス”発祥です。

ここも日本で あまりに語られれてないと感じる部分で、

(いいかげん NYヤンキースの キャップ大好き おじさん達が時間止まってて

間違ってる事多いのでハッキリと言いますが。)

この時期のHIPHOPの中心は とっくに南部 “サウス”のTRAPで NYではありません。

ASAP ROCKYはNYですが、音楽のスタイルは

マイアミの SPACE GHOST PURRP や

メンフィスの THREE6MAFIA の影響が強い “サウス”のスタイルです。

なので、 

TRAPのアーティスト=990という図式があったことも

イメージとして重要な部分だと思います。

 

 LIL UZI VERT 、Lil Yachty 、のような フィーリーや アトランタ 

の ”TRAP”のアーティストが  数回でも990を履いたことは

衝撃が大きく、昔からある990が新しいと認識される為の大きな要因です。

さらに

この赤いドレッドで スポンジボブやピカチュウの グッズを持ってたり、

アルバムのジャケも当時の TRAP 業界では珍しいアニメジャケ。

彼らのスタイルである

アニメと ゲーム好きのオタク、ニューウェーブ オルタナティブな

(マリリンマンソンに一番影響受けたと公言。)

そんな ラッパーに990という違和感こそが面白くて新しかった。

つまり オタク カルチャーと正反対だった TRAPとのカルチャーの融合なんです。

今では当たり前になったけど 例えば、JUN INAGAWA さんと

VLONEのもっと前にこういう下地があるんです。

だからこそ

このノリはUSのかなり多くの白人キッズ

(コミックストアとグランジが好きな)にも支持されたことによって

TRAP市場が急激に拡大しました。

 

LIL UZI VERTの 2016年にリリースしたデビューシングル「Money Longer」

はダブルプラチナディスクです。

皆がサチモス聴いてた時に、これが世界のスタンダードになっていました。

日本は4~5年は 遅れていることになります。

 

今聴いても、全く古くない先進的なアルバムなので下記、ぜひ聴いてみてください 天才です。

額にダイヤを埋めたニュースだけではないんです。

ここが 世界的な規模として、とても重要なのですが、HIPHOPのサイトですら

あまりにも説明されてるものが無い・・・。

 

LIL UZI VERT (2016年位)

 

 

この時の日本ではフリースタイルダンジョンに騒いでいて、

重要な変化をHIPHOPが好きだった人すら見逃したようなところがあります。

ましてや

HIPHOPに関係ない 日本の中高年、然るべきポジションの方ともなると

こういう今の 世界的なアーティストのこと 全く知らないので

他のアジアより遅れちゃっています・・・。

時間が止まった人を動かすにはどうしたら良いのでしょう。

こんなに新しいHIPHOPの世界は黄金期で 超おもしろいのに もったいない。

 

ちなみに LIL UZI VERT は先日リリースされたNIGOさんのアルバムに参加してます。流石。

NIGOさんを過去の人と思ってた人こそ過去になっちゃう。

 

 

今のUS KIDSには LIL UZI VERT  世代以降の ラップスターの影響力が大きく

その影響を日本の20代前後のラッパーやKIDSも当然受けてまいす。

ここ7年位で、かつてない程に 世界的にHIPHOPはケタが違うレベルで

隆盛しています。7年もチャートを独占してるのは、

もう流行りではなく”定番化”ですね。

 

USにおいても HIPHOPを前から好きな オジさんでさえ

ついていけなくなった 部分であり、

いつの時代も 本当にまったく新しいものは、多くのオジさんには理解不能なものです。

(ASAP ROCKY やKendrick Lamarは両世代のファンが多く存在した)

 

 

 

 

 

まだDAD SHOESとか言い出す前、品のいい叔父様のイメージしかない990。

2016年の

(まだバレンシアガのトリプルSが出る2017年より前。下のSupのルックも2018年)

LIL UZI VERT の 990 とニューバランスの新しい見え方に

(洋服だけ見ている人には意味不明かもしれないですが)

これから国内でも990の印象が大きく変わっていくと感じた瞬間でした。

 

2016年〜

990シリーズを 日本でも新しく認識してもらえる仕組みを作るために

中央から下にある 重要なお店、ブランド、を社内でも認識して 新たに取り組んでもらえるように

MDチームと関係者に自分から提案しました。

 

 

 

 

そこから2018年、それ以降はこのルックや 計画的に コラボも沢山リリースされていくので

スニーカー好きの みなさんは ご存知かと思います。

 

casabranca×newbalance 327 ケンダル・ジェンナー kendall jenner / westsidegunn /jbalvin

 

スティーブ ジョブスはかなり以前から990を履いていたという記事

https:// blog-show5.hatenablog.com/entry/2017/03/06/093703?fbclid=IwAR3i09obgi5WlQCBfqep2x6LW0Xzfq-Q35KkbSsi5EjghQekFk8kggGwd5Y

 

 

 

 

とここまでは、もう過去の話。4~5年前の構想です。

今何年? 2020年代 らしい話もしましょう。

 

僕が 今面白いと思っているのはこれです。

”日本の音楽が海外のHIPHOPにたくさんサンプリング使われている”

あのthe Weekendが亜蘭知子をサンプリングしたりしています。

 

ボーカロイドTRAP、初音ミクの2020年代TRAPバージョン

みたいなのを作っているアメリカ人もいます。

また

APEもそうですが 多くの日本人が興味なくしたものが海外でアップデートされて

大きなマーケットを作っているのはとても面白いですね。

TOKYO DRIFT freestyleが急に盛り上がり、そこから注目された

DRIFT PHONKのカルチャーも頭文字Dに出てくるような

JDM 日本車がたくさん出てきます。

ここの海外の人達の”ツボ”に気付いている人少なくないですか?

CYBER PUNK→VAPOR WAVE→DRIFT PHONKという風に

向こう側から見た日本はアップデートしています。

老いてしまった日本を再生させるには重要なツボであると感じています。

 

話が逸れましたが、このミックスは

90’sHIPHOP価値観で止まった回顧 話にウンザリしてる人、

新しい流行だけでなくそのバックボーンが好きな方、などに好まれている

90s オジさんの古い アタマをカチ割る ミックスです。

 

古い価値観でモノだけ売っても限界があります。

古い人が増えましたが、同じ古くても

感覚が新しくなれる人と  そうでない人の分かれ道です。

何とか新しくなれる方法を 模索する事がとても大切だと僕は感じています。

Seiko Matsuda /Hanabira
Lil Debbie / 2cups
Perfume / Perfect Star Perfect Style
MainAttrakionz / Perfect Skies
G Eazy / Lost In Translation
Kyary Pamyu Pamyu / PonPonPon
Hatsune Miku V3 Data 20 Vocaloid Trance
BigBoy feat Killer Mike Jeezy / Kill Jill
Tazumi Toyoshima / Tomadoi Twilight
Jeezy feat Jay Z / Seen It All
Bu$hi / Yasuke
Taeko Onuki / 4:00AM
Yuji Ohno (You Explosion Band)/OST Lupin the Third Love’s Theme
Curren$y feat. Young Roddy and Smoke DZA / JLR
Meiko Kaji / Wandering Ginza Butterfly
KanyeWest / Dark Fantasy
Lil B / Gon Be Okay
Joe Hisaishi / OST (Spirited Away) Sen to Chihiro no Kamikakushi
SwuM. feat. luv.ly / Moonlight
Anonymuz / Westside Freestyle
Yuji Ohno / OST Inugamike no Ichizoku

Geinoh Yamashirogumi / Illusion AKIRA soundtrack
Xavier Wulf / Wulf Titan
Higurashi No Naku Koroni OST / Main Theme
PopSmoke / Welcome to the Party
Kiroro / Mirai e
Lil Peep / Lil Kennedy
$uicideboy$ / Kill Yourself(Pt.2)
Shiro SAGISU Music /OST End of Evangelion Opening of a Dream
Nobuo Uematsu, Masashi Hamauzu & Junya Nakano / Attack :Final Fantasy X
Kodak Black / Patty Cake
Daoko / Kaketeageru
Lil Yachyy / Good Day
Geinoh Yamashirogumi / Dolls Polyphony AKIRA soundtrack
Vega$ / Akira Freestyle
Benny the Butcher & Harry Fraud feat 2 Chainz / Plug Talk
Yoshiko Sai / Taiji no Yume
Hi Fi Set / Sky restaurant
J.Cole / January 28th
Minako yoshida / Mado
Devin The Dude / Don’t Get Naked
Minako Yoshida / Tornado
Anjelica Vila / All I Do is 4U
Tyler The Creator / Thank You
Tatsuro Yamashita / Fragile
Kenna Lupe Fiasco Mike Shinoda / Resurrection
Hikaru Utada / Sakura Drops

話題の『黄金湯』で!クラフトビールとDJ 。11/3

 

追記:なんとタイニーパンクス 高木完さんご本人に!ご挨拶・・・

UPDATE BLOG

ブログトップもっと見る