CLOSE
BLOG - 小牟田 亮(フイナム編集長)

大豆田とわ子のファッション。

1日サボれば自分にわかる、2日サボれば批評家にわかる、3日サボれば聴衆にわかる。

ポーランドの政治家、音楽家であるイグナツィ・パデレフスキが残した言葉です。ゆえに演奏家界隈でよく使われる言い回しだそうです。これとブログを思い切りサボっていたことと、何の関係があるのでしょう。えー、ありません。ただ書いてみただけです。

さて、今クール夢中になってみているドラマがいくつかあります。『大豆田とわ子と三人の元夫』『コントが始まる』そして『今ここにある危機とぼくの好感度について』です。

どれもいいのですが、とくに好きなのは大豆田です。そのまま、おおまめだと読みます。脚本は坂元裕二さん。いかにもなネーミングだなぁと思うのですが、松たか子さん演じる主人公、大豆田とわ子の服装がめちゃくちゃおしゃれで、気になってしょうがないのです。

と思ってたら、こんなアカウントがありました。

 

ヴァレンティノ、ロエベ、グッチ、セリーヌ、カルティエ、クロエなどなど豪華絢爛。眼福です。

作品内で着ている服がなんなのか、みたいなことはこれまでにもいろいろなメディアで報じられてきましたが、もう公式でアナウンスする時代なんですね。全くもって嫌みのないインフルエンサーマーケティングですよね。ただ、拡散、発信しているのがブランド側ではなく、作品側というのがポイントなんだと思いますが。

ちなみにこのスタイリングを手がけられているのは、クレジットを見る限り、杉本学子さんかと。(あと伊賀大介さんもクレジットされていますが、スタイリングを見る限り伊賀さんは男性のメインキャスト3名かなと。。)

杉本さんとは大昔に一度お仕事をさせていただいたことがありますが、非常にチャーミングなスタイリングをされる方でした。なので、この大豆田とわ子の衣装を手がけられてるのも、すっと腑に落ちました。端的に言って可憐ですよね。

とにかくこのドラマを見ていて、ファッションの力を改めて感じたのでした。好きな服を着ると、人は元気になる。この真理は揺るがないなと思いました。

UPDATE BLOG

ブログトップもっと見る