CLOSE
BLOG - 小牟田 亮(フイナム編集長)

プリティーでタフなMANVAN。


〈MANVAN(マンヴァン)〉というブランド?レーベル?があります。「AH.H」をチェックしてくださっている方なら知っているかもしれません。長谷川昭雄さんのご友人が始めたもので、これまでは限定的にイベントでロンTを売ったりしていたのですが、この度晴れて今回ECサイトを立ち上げ、その第一弾として、肉厚なスエットを販売することになったそうです。

この〈MANVAN〉をつくっている、通称MANVANマンは僕も知っている方なので、微力ながら告知、拡散をさせていたこうと思った次第です。

〈MANVAN〉を初めて知ったのはオフィシャルのインスタグラムを見たときなのですが、このインスタの投稿がすこぶるいい感じなんです。

ブランドのタグラインには「PRETTY TOUGH」とあります。つまりプリティーでタフなものばかりを集めて投稿をしているわけですが、このネタ選定にものすごくセンスを感じます。このインスタが始まってから、自分もタフかつプリティーなものを日々探しているのですが、なかなかありません。いや本当に。

最近、こういう風にインスタのフィードをムードボードのように使うアカウントをたまに見かけます。SPORTY&RICHとかまさにそうですね。自分にできるかといったら、うーむ、どうでしょう。。。

ちなみに〈MANVAN〉というのは、正確には「MAN WITH A VAN」っていうことらしく、ようするに作業員付きの引越し屋さんみたいな意味だそう。アメリカでこういうヴァンをよく見かけて、いいなと思っていたとのことですが、目を付け所がいいですよね。

気になる言葉といえば、自分にもあります。「Monkey Jazz」。猿のジャズ? 意味はわかりません。意味なんてないのかもしれません。ただ語感がすごく気に入ってしまい、自分のメールアドレスとかいろんなところに使っています。元ネタというか、初めて見たのはIan O’Brien(イアン・オブライエン)というミュージシャンの楽曲名でした。曲自体もいいのですが、それ以上に語感に惹かれてしまったのです。すみません、関係ない話でした。

それでは、〈MANVAN〉どうぞよろしくお願いいたします。

追記:18時あたりに販売して、光の速さで完売した模様です。。。すごい。。

#インスタブログ
#マジで開始1分未満で完売
#秒殺ってこういうことを言うのでしょう
#ネーミングセンスってどうやったら磨けるのか
#モンキージャズって何の意味があるのか

UPDATE BLOG

ブログトップもっと見る