CLOSE
BLOG - 小牟田 亮(フイナム編集長)

ヨットロック。

今日の夜から明日の夕方くらいまで雨のようです。やれやれ。。なぜだか週末のたびに雨が降るなぁ、、と思う方いるかもしれませんが、それたぶん錯覚です。なにかマイナスのことがあるとそのことが強く脳に記憶されるので、そういう印象になるだけだと思っています。追い風のときは何も感じないけど、向かい風のときに初めて風の強さを認識する、みたいな? 悪貨は良貨を駆逐する、的な? ちょっと違うか。

とにかく、週末に雨が降るとどうにも憂鬱です。最近はだいぶリモートワークが増えてきたので、週末くらいはわーっとランニングなどしたくなるわけで。


で、こういう写真をつい撮ってしまうわけですが、この構図でもう何回も撮ってるのに、なぜ行くたびに撮ってしまうのでしょうか。この写真を撮った七里ガ浜からは、このように江ノ島、太陽、そして富士山(この日は隠れてますが)も一枚に収まります。全部入りがゆえに凡庸なフレーミングとも思うのですが、ついついこの構図で撮ってしまう。それが日本百景たる所以なのかもしれません。

最近、Yacht Rock(ヨットロック)って言葉を知りました。ヨットって言葉にはとにかく過敏に反応してしまうんですが、早い話がAOR的な音楽のことらしいです。このへんに全部書いてあります。

で、こういうのです。メロウで、スムースで、ソフトな感じ。そこはかとなく漂ういなたさが最高ですね。

2005年に配信されたインターネットのコメディ・シリーズが口コミで広まり、「ヨットに乗るヤッピーが聴きそうな音楽」という、揶揄的なフレーズだったこの言葉が、アメリカの若い音楽リスナーやDJたちが、あらためてこのジャンルにスポットを当てるきっかけとなった。

いつの時代もヨットって揶揄の対象になりますよね。よっ若大将!みたいな。お金がかかるイメージがあるからなんでしょうね。いや、実際お金はかかるんですが。

とにかく、このジャンル、全然詳しくないけど大好きです。今後の楽しみがひとつできました。

高橋ラムダさんの動画第二弾。今回も二体目が好きだなー。

UPDATE BLOG

ブログトップもっと見る