CLOSE
BLOG - 小牟田 亮(フイナム編集長)

LifeWear magazineはいつも通り素晴らしい。

ユニクロが発行している『LifeWear magazine』については前号も書いたんですが、、

ユニクロ『LifeWear magazine』のオラ・リンダルについて。

今号も当然のように良かったので、また書きます。

この冊子のなにがいいって、一冊全体を貫くポジティブで風通しのいいヴァイブスにつきます。どのページ、どの企画を見ても同じ通奏低音が流れていて、誤解を生んだらいけないのですが、ユニクロでありユニクロではないムード、LifeWear magazineの世界観がここにはあります。

今回、一番眩しかったのはこの企画です。

西海岸の陽光が文字通りに眩しくて、たまらない気持ちにさせられます。旅に行きたい。。

上記の通り、WEBでもすべての企画が閲覧できるのですが、LifeWear magazineは絶対に紙で見るべきだと思います。この冊子を見る度に、紙のチカラを再認識させられます。あとMADISON BLUEのカタログも。それについてはいつかこのブログで書きたいと思います。

UPDATE BLOG

ブログトップもっと見る