CLOSE
BLOG - 小牟田 亮(フイナム編集長)

雑記。

先日アップしたこちらの記事。冒頭のリード文の一部を引きます。

3月下旬、突如インスタグラムに「i.a.c._official」というアカウントが現れました。プロフィールにはIAC / Internatinal Association of Creatorsの文字が。さっぱりわからない。そのアカウントには、次第に気鋭のファッションクリエイターたちが次々にアップされていきました。この団体はいったいなんなのか? 首謀者の4人に早速話を聞きに行ってきました。

志が高く、本当に素晴らしい取り組みだと思います。記事内で使われた「服育」という言葉。これが偉そうに聞こえないかと危惧する場面がありましたが、そんなことはないと思います。一流のファッションクリエイターたちが揃っているわけですから、若人たちに服のことを教え、そして育てるというのは至極まっとうなことだと思いますので。

学生向けのプロジェクト「THE CO-OP」のアイテムは、社会人の皆様は購入できません(もちろん自分もです)ので、早くも「IAC」の次なるプロジェクトが気になります。

それにしてもここ数年のレショップの金子さんの精力的な活動ぶりといったら! 近くまた別の記事を作らせていただきます。そちらも面白い鼎談になりそうです。

ステイホーム期間でもなんとか更新を止めずに踏ん張っている「AH.H」。今週は長谷川さん、南さんの対談の後編、南さんのパートです。この企画が好きですと言ってくれる方がとても多いんですが、自分もすごく好きです。

まず勉強になります。二人が本気でオススメしているものばかりなので、感化されっぱなしでして。バイヤーズガイドとしてもかなり使わせてもらっています。あとはこのゆるさですよね。本当にこういう感じで喋ってるんですが、この臨場感?もいい塩梅かのかなと。「そうだね」とか「うんうん」で一行使えるのはWEBのいいところですよね。

栃木県で撮影されたというこのMVにゃぁ、グッときましたね。。クルアンビン最高ですわ。なんて情緒豊かなバンドなんでしょうか。あと音像も最高。いままでのグルーヴィな感じに靄をかけたようなサイケデリア、、俺得でしかありません。次来日したら絶対行こう。

今年のサンダルはこれ。UGGはブランドの幅がグッと広がりましたよね。それを良しとするかどうかは、人によると思いますが、自分はアリ派です。

UGG X N. HOOLYWOOD SLIDE

UPDATE BLOG

ブログトップもっと見る