CLOSE
BLOG - 竹内利充(インテリアデザイナー)

久々の軍パン(裾移植)

スウェーデン軍 (50年代 ユーティリティーパンツ)

久々の軍パンの購入です。

 

シンチバックにサスペンダーボタン。

 

そしてロイヤルワラントが泣かせてくれます。(こーゆー事言うところが青春を古着で過ごしたオジサンの性ですねw)

とりあえず買ったはいいけれど、結構裾丈が長いのですよ。

いや、もちろん長めで1~2クッションで履くのも悪くないのだけれど、それで裾にダメージを作るのも大人として、ちょい微妙。

 

とは言え、ハトメを打った絞り紐仕様の裾を無くすのも勿体ない・・・

 

となったら、裾上げと言うよりも、余分な布を切って裾を移植するという感覚でいきましょう。

 

はい、完成。

 

 

ビフォーの写真を撮るのを忘れたので比較できませんが、あえてちょっとくるぶし丈にして野暮ったくしてみました。

あまり長いと体型的にアメカジ色が強くなっちゃうんですよ。

いまさら言うのも何ですが、これはこれでいいけれどやっぱりフルフレングスのも、もう一枚欲しくなっちゃいますね。。。年代的に同サイズを手に入れるの難しそうですが。。。

 

というループをミリタリーのアイテムをイジる度に繰り返してます。

でも、案外楽しんでいるのでご安心ください(笑)

 

 

 

 

https://takeproduct.stores.jp/

 

 

UPDATE BLOG

ブログトップもっと見る