CLOSE

 

以前もこの欄で書かせていただいたことがあると思うのですが、アパレル業界駆け出しの頃に先輩たちのこだわりの洗礼を浴び続けた結果か、強く理由や縁を感じる服以外着てはいけない(着るべきではない)のではないかという強迫観念めいたものがあって、いまもその余韻の中にいます。
浸かるカルチャーやバックボーン、経験してきたこと、知識の方向、などなどとマッチしているものでなければ着る資格がないし、作り手側からもお呼びでないと思われるだろう、みたいなものです。例を出せばキリがないですが、社会人初期の同僚の中にはいつまでもEngineered Garmentsが着られない病にかかっていた自分を知っている人もいるでしょうし、昔から好きなBIRDWELLでも、海にあまり入れなかったシーズンはなんとなく着ることに対して気後れがあったりします。誰も気にしないだろうに、ということはもうさすがに大人になってわかっているのですが。

 

なので、よほど縁と理由を感じられるブランドや性質のもの、知人友人が手がけているもの、自分が関わったもの、手元にあるものはそういうものばかりです。最近は独立してしれっとついている屋号を配したカットソー各種を着て、安心しながら黙々と仕事をしているほどです。

 

 

 

 

というのは長い前置きで、今週末はこちらに呼んでいただいてフリマすることになってます。

 

 

自分が持っても大丈夫と思うようなものしかないのでそういうものばかり出すことになっちゃうんですが、いつもフリマお呼ばれは楽しいので、気楽にいかせていただきます。仕事も裏方に入ることがますます増えて社交の場にいることが減ったので、社会復帰の機会です。ありがとうございます!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

Instagram

 

UPDATE BLOG

ブログトップもっと見る