CLOSE
BLOG - 猿渡大輔(GORDON MILLER PR)

七人のおじさん

 

 

 

 

たまにはGORDON MILLERの中の人の紹介をば ということで
ウェブサイトで主なメンバー7人の写真とコメントがのった特集を先日アップ

 

 

 

内容は古今東西で使い古されたお題ではありますが
海外進出している某ラーメン屋さんのあの写真のような風情の集合写真とともに。。。

 

 

 

GORDON MILLERのものづくりはいったいどういう体制なんですかと聞かれたときに、各カテゴリの専任の担当者がそれぞれ自分のペースでどんどん仕上げてくるんですよ〜といつも話していますが
その各カテゴリの番人たちです。
自分いちおうディレクターってついてるのでこの個性的なおじさまたちの手綱を持つor率いる係なのかもしれませんが、スタンス的には気持ちよく走っていただくに徹してるイメージでやっております。

 

オートバックス生え抜きの玄人たちと自分も含めルーツがちがう途中参加メンバーの混成チームになっていて、その奇怪さがときどき面白いことを生んでくれるような感覚です

 

 

 

 

 

 

 

 

中でもMOTORS担当のこの2人の渋み、いいなー

 

 

オートバックスのオフィスにたまにこの辺りのメンバーが揃うとそれなりに浮いてますが。
自分を除いてはその道ウン十年の先輩方の集まりなので、その知見がいろいろなところに生かされているのは確かです。たまにイベントとかでこのメンバーがブースに集うと、お客さんとの会話の深みがすごくておもしろいです。

 

 

海外のメディアがSNSで紹介してくれた文章がとてもありがたくうれしい内容だったので以下転載です。※自分で訳したので文章の稚拙さはそのメディアのせいではありません

 

GORDON MILLERは日本のカー用品業界の最大手 オートバックスの元でアウトドア向けのカスタムカーやガレージ用具を扱うレーベルとしてスタートしたが、今日のブランドの姿はその範疇に留まるものではなくなった。
GORDON MILLERは車、道具、服を同時に愛するスタッフが集まったチームによって成り立っている。彼らが共有するマインド、「ガレージライフ」というデザイン上の共通言語がガレージツールやアウトドアギア、家具、カーアクセサリーやワークウェアといった幅広い製品のラインナップに繋がっており、それらはどれもガレージでの使用を見据えた機能性や耐久性に優れたものとなっている。
GORDON MILLERのプロダクトは実際に使用されるガレージや車の周辺、作業場においてこそその魅力を最大限に発揮するものであり、GORDON MILLERのチームは単に見栄えのよい製品をつくるのではなく、プロダクトを通して「ガレージライフ」の魅力そのものをより多くの人に伝えているのである。

 

 

 

 

七人のおじさんの記事もお時間あるときにみてみていただけたら嬉しいです↓

 

 

 

 

 

 

UPDATE BLOG

ブログトップもっと見る