CLOSE
BLOG - 猿渡大輔(GORDON MILLER PR)

クオリティ

 

いつもは言及することが少ない品質の話を珍しく挟んだ昨日の@gordonmiller_officialの投稿

 

 

 

書いてある通り、車内というのは異常に高温になったり低温になったり揺れたり擦れたり直射日光が当たったり、特殊で過酷な環境なのは言うまでもなく。さらに何か不具合があれば命に直結するものでもあるので、カー用品というのは他の品物と比べてもクオリティの基準を高く設けないといけないわけです。

でGORDON MILLERのカーインテリアはというと基本的に母体である本家オートバックスの品質管理部門の方々のチェックを通っているので、そのあたりはぬかりないです。品質管理の皆さまも百戦錬磨だと思うので、そのチェックを通れず普通に跳ね返されてお蔵になったアイテムをいくつも見ています。一方で制作チームには前々からのカー用品のプロもいるので最初からそこまで気にする?!って思っちゃうくらいの突き詰め具合だったりするんですが。自分はものづくりしてないのでそのあたりの攻防戦を目の前でいつも見てるわけではないんですが。

 

まあそういうところもこのブランドの特色というか強みかなと思ってますので安心して使っていただければと。今季もの、来季ものくらいからよそでもカーインテリアとか目にすることが徐々に増えてるので、改めて書いてみました。

 

 

 

UPDATE BLOG

ブログトップもっと見る